未分類

妊娠中は虫歯に注意?歯科検診がおすすめの理由

妊娠中に虫歯になりやすい理由

妊娠中はつわりの影響もあり、食べ方が不規則になりました。また、ゼリーや果物など甘くてつるんと食べられるものを欲していたので、甘いものを食べる回数も増えました。私の場合、妊娠中はとにかく眠かったので,食べた後すぐに寝てしまいたくなりました。それまでの歯磨き習慣が崩れてしまうというのが虫歯になりやすい原因の一つかなと思います。一度しかありませんでしたが、油っこいものを食べたあと、寝る前の歯磨きをしている最中に気持ちが悪くなり、吐いたこともあります。歯磨き粉の匂いや歯ブラシの感触が吐き気を催してしまうということも虫歯になりやすい理由のように思います。虫歯を防ぐための唾液の分泌も妊娠の影響で減ってしまうみたいです。

妊娠中に歯科検診に行った方がいい理由

一つは出産後に虫歯などで歯が痛くなってしまっても、赤ちゃんがいると、それまでのように気軽に歯医者に通うことが出来ないです。歯医者一つ行くにしてもその間に赤ちゃんを預かってくれる人を探したり、預かってもらう間の準備など結構気を遣うし、大変です。何より、かわいい赤ちゃんと離れてしまうのはさみしいです。もう一つは赤ちゃんに虫歯菌を移してしまう事になりかねないからです。生まれてきた赤ちゃんの口の中は無菌状態ですが、母乳やミルクなどを飲む中で菌が少しずつ移っていくそうです。虫歯はお母さんから子どもへ移る病気だそうです。食事の口移しなどはしないということが常識になっていますが、唾液など気がつかないところでかわいい我が子に移してしまわないように妊娠中に虫歯があれば治した方がいいです。

虫歯による胎児への影響は?

母体内の菌の状況はそのまま胎児に移行するそうです。お母さんに虫歯があり、虫歯菌が多く口の中にいることによって流産や早産につながることがあるそうです。また、低体重児なるリスクが大きくなるそうです。菌などの影響だけでなく、虫歯で歯が痛いのは相当なストレスになると思います。胎児はへその緒でお母さんとつながっているので、お母さんの気分がダイレクトに伝わるそうです。痛くて不快な気分を胎児が感じ続けることは精神衛生上よくないことだと思います。また、歯が痛いことで食事がすすまないことも胎児に影響すると思います。お母さんがとった栄養でしか胎児は生きることが出来ません。バランスの良い食事をよくかんで食べるためには歯の健康を守ることも大切です。