未分類

妊娠中の便秘!対処法まとめ

妊娠中に便秘がちになる理由

妊娠中、便秘に悩まされる女性は多いと思います。わたしももれなくその一人でした。通っていた産婦人科の先生に相談したところ、「こればっかりは、妊婦さんはしょうがないね。妊娠するとホルモンのバランスが変わるから、その影響をうけるんだよ。」と言われました。わたしの場合は妊娠初期から、便秘に悩まされ続け、結局赤ちゃんを出産するまで、便秘が続きました。友だちは、妊娠の後期から、便秘になったそうで、人それぞれなんだなぁと感じました。また、わたしは、便秘薬を処方してもらって、それを飲んでいました。薬を飲むことで、便秘は解消しましたが、妊娠が進むにつれ、量は増えていきました。信頼のできるお医者さんに相談するのが一番でと思います。

マッサージ方法

よく便秘の時には、お腹をもみほぐしたり、さすったりなどとマッサージが効果的!なんていわれていますが、妊娠中に限っては、あまりお腹を直接マッサージすることはおススメできません。お腹の中には大切な赤ちゃんが入っているのですから。マッサージするということでなく、体調の良い時にウォーキングや、マタニティーヨガ、マタニティースイミングなどをして、体を動かしたほうが、健康的でいいように思います。また、便秘に効くツボを押して試してみたりするのも良いと思います。やはり、妊娠中の体はデリケートで、普段とは違いますので、分からないことや、この動きしてもいいのかな?と少しでも不安に思うことがあるのならば、お医者さんに相談するべきです。

便秘にいい食べ物

これは、一般的に言われている食べ物と同じで良いと思います。りんごや、キャベツ、海藻類や、ヨーグルトをバランスよく食事に取り入れていくことが大切なのではないのでしょうか?わたしは、妊娠中に便秘の薬を処方してもらっていましたが、妊娠初期のみは、赤ちゃんのために、便秘薬を処方できないといわれて、便秘薬なしですごしました。
そこで、食べ物でなんとかしようと、ヨーグルトばかり食べていたら、今度は下痢になってしまいました。下痢は脱水症状などもまねきますし、お腹の赤ちゃんにとっても良いことではないです。そのため、便秘に良いとされる食べ物を過剰に摂取してしまうことについては、注意が必要です。
自分のためにも、赤ちゃんのためにも、きちんと栄養をとって下さい。